wordpress プラグイン Js Css Include Manager

 

サイトを長く更新し続けていると、どうしてもjsファイルやcss ファイルの読み込みが多くなってきます。(jqueryとかthickboxとかスライドショーギャラリー系とかね)

そういった外部ファイル等の管理を、wordpressの一箇所で管理できるようにするプラグインです。

 

とりあえずこんな感じです。

js-css-include-manager適用例

 

 

 使い方

js-css-include-manager インストール
まずはプラグインをインストールしてください。

 

プラグインのパネルで有効化してください。
js-css-include-manager メニュー
すると、「設定」 メニューより 「Js Css 設定 」のメニューが選択できますので、選択してください。


読み込みするファイルの種類や、読み込む画面の種類、位置などを設定できますので、

お好みの設定で入力・選択してください。

js-css-include-manager 設定画面

 

設定を追え、更新すると読み込み設定が完了しているので、反映されているかソースを確認してください。

※読み込みファイルが存在しない場合は、404エラー等の表示がでますので、設定した内容が合っているかどうか、確認してください。

js-css-include-manager捕捉1

 

 

以上になります。

ダウンロードする方は、wordpress.orgよりダウンロードしてください。

>> Js Css Include Managerダウンロード

“wordpress プラグイン Js Css Include Manager” への 4 件のフィードバック

  1. 素晴らしいプラグインです。使っているテーマで正しく動作していることは確認できました。
    が、カラムの表示に 403 error と表示され、少し気持ち悪いです。
    これは css ファイルのパーミッション(644)のせいでしょうか?
    気にしなければよいのかしら…

    1. water17さん
      コメントありがとうございます。

      が、カラムの表示に 403 error と表示され、少し気持ち悪いです。これは css ファイルのパーミッション(644)のせいでしょうか?

      申し訳ございません、おそらくですがサーバにより、原因が異なるのではないかと思う為、具体的な解決方法を申し上げるのは難しいのですが、

      • パーミッションの変更(755など)
      • 外部サーバからの読み込み禁止

      等が考えられますので、宜しければお試しいただけますと幸いです。
      (正常な動作の場合は、”xxx error”等の表示はありません)

      1. ドメインルートとドメインルートのフォルダ内に CSS ファイルを置いた場合はOKでした。
        WP 設置ルートの http://www.mysite.com/cms/ 以下のディレクトリではどこもNGでした。
        (ファイルのパーミッションはいずれの場合も 644 のままです。 ディレクトリは 755)

        RewriteCond のせいかもしれません。
        動作はどのディレクトリでもOKだったので、実運用には全く影響はありません。
        ドメインルートの css フォルダ内に置くことにいたしました。カラム表示もOKです。

        お忙しい所、サポートいただき、誠にありがとうございました。助かりました。

        1. water71さん

          ご返信ありがとうございます。403エラーの問題が解決されたようで良かったです。

          WP 設置ルートの http://www.mysite.com/cms/ 以下のディレクトリではどこもNGでした。
          (ファイルのパーミッションはいずれの場合も 644 のままです。 ディレクトリは 755)

          問題点を探してくださいまして、誠にありがとうございます。
          このような場合のエラーに対する対処方法も、何かしらの形で検討させていただきます。

          また何かご不明な点がございましたら、いつでもご連絡ください。

コメントを残す