wordpressプラグイン POST-CATEGORY-HEIGHT-EDIT

 

なんとなくこのプラグイン名から想像がつくかと思いますが、

wordpressの投稿の編集、投稿の新規追加の画面内の、カテゴリーを選ぶ窓を

もっと使いやすく出来るように(といってもただ伸ばすだけ)した、

機能的には超シンプル過ぎて、本当にプラグインにすべきなのか?!

といったプラグインです。

 

とりあえずこんな感じです。

カテゴリ数が多くなると、下のほうにあるカテゴリを選択する際に、わざわざスクロールするのが

いつも手間で手間でしょうがありませんでした。

かといって、カテゴリの枠を大きく”固定(たとえば縦幅1000pxとか)”にすると、

カテゴリもサイトを運営していくにつれて増えていくはずで、固定にすると面倒だと思い、

利用する時に自由に変更できるようにした、プラグインになります。

 

 使い方

まずはプラグインをダウンロードしてください。

>> ダウンロード

次に、プラグインを wp-content/plugins/ 内に解凍してアップロードしてください。

プラグインのパネルで有効化をすると、既に使える状態になっていますので、

記事投稿画面からカテゴリの高さをお好みに変更してください。

以上になります。

 

※注意※

  • 注意とまではいきませんが、このプラグインは jquery jquery-ui-resizable を使用しているので、管理画面を直接いじってjquery系を読み込まないような設定にしている場合は動作不可となります。
  • カテゴリの高さを変更したその日から、7日間だけ高さの設定を保存しています。(Cookieを使用)7日間以上経つと、元の高さに戻っているのでその際は再度高さを変更してください。

 

コメントを残す