wordpress plugin Post Lists View Custom Version UP 1.5

wordpressの管理画面にある様々な一覧画面をカスタマイズする

Post Lists View Custom

のバージョンアップを行いました。

最新バージョンは1.5。

 

こちらもWordPressの3.6のローンチを待っていましたが、まだまだ掛かりそうな気配がしたので待たずにコミットしました。

 

やったこと

WP Admin UI Customizeも疲れましたが、こちらもかなり疲れました。

まず、カラム(一覧表示の列)にカスタムフィールドを指定することができるのですが、そのカスタムフィールドの値が何も無い場合、「 – 」←こんな感じで何にもないよ的な表示をしていましたが、このプラグイン+フックカスタマイズをすると、これが邪魔。なので削除しました。

あとは大幅に中身を変更しました。なんか、無駄な所があったりしたので。

データベースへ更新するoption_name値も変更しました。少し管理がしやすいようにしています。

あとは別で、Widgets List View CustomizeというプラグインもWordPress.orgにて公開していたのですが、そもそもPost Lists View Customizeの中に機能をそのまま入れたほうが楽だな。と思いましたので、利用できるウィジェット一覧もカスタマイズできるようになっています。

そして最後。ここからが一番大変なやつ。

Post Lists View Customを適用する権限を選べるようになりました。

ユーザー権限選択画面
ユーザー権限選択画面

うん、ここまでは普通です。権限を選択して、その指定された権限だけに設定されたPost Lists View Customizeの設定を適用すればいいだけの話なので。

今回はこのPost Lists View Customizeとは別に、アドオンとして、「Post Lists View Customize Multiple setups add-on」をリリースしました。

Post Lists View Customize Multiple setups add-on

機能は、権限ごとにPost Lists View Customizeが設定できます。

なぜか、日本人の方からの要望はありましたが、外国の方からの要望は一切ありませんでした。

下のキャプチャを見ると、分かりやすいと思います。

 

Added the user roles tab
Added the user roles tab

 

なんで、Post Lists View Customizeと一緒にしないの?と思う方もいるかもしれません。

 

アドオンにした理由ですか?

販売しようと考えていました。以外の理由なんてないよ。てへぺろ(・ω<)

というか販売してもプラグインユーザーが少なすぎて売れないじゃないか。
じゃあアドオンにして自分のブログに少しでもアクセスしてね。えへへへぺろ(・ω<)

なんてことをしても別にいいじゃないか! 😳

(個人的にてへぺろを使ってみたいと思いましたので、ちょっとすっきり)

 

次は、まじめなほうの理由。販売のほうはまじめな理由でしたけどね。

権限ごとに設定可能ということは、権限の分だけ設定をしなければいけないという事にもなります。

なので、この権限の分だけ、という部分が必要な方不必要な方が出てくると考えました。

どちらにもメリット・デメリットはありますので、機能を分けることにしました。

アドオン無し

一覧設定がひとつだけ。その一つの設定を適用する権限を選ぶだけ。の簡単設定。権限ごとに分けることはできない。

アドオン有り

一覧設定の数は、権限の数の分だけ。 設定するのは大変だけど、細かく権限ごとに一覧画面のカスタマイズは可能。

 

という感じです。

あとは、普通にまだまだプラグインユーザーとしての信頼や実績が少ないなと思いましたので、無料で配布しています。

 

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/plugins/post-lists-view-custom/

wordpress プラグイン Original Post Ranking Widget

ウィジェットを使って、記事一覧のランキングを表示したい時に、プラグインを検索しても

・アクセスの多かった記事ランキング or ・コメントの多かった記事ランキング

はよく見つかるのですが、自分独自のランキングで記事一覧を掲載したい時には向いていません。

それをできるようにした、プラグインです。

 

 

とりあえずこんな感じです。

original-post-ranking-widget使用例

 

 

 使い方

original-post-ranking-widget インストール
まずはプラグインをインストールしてください。

 

プラグインのパネルで有効化してください。

original post ranking widget 設定メニュー
すると、「設定」 メニューより 「オリジナル記事ランキングウィジェット」のメニューが選択できますので、選択してください。


ランキングウィジェットのテンプレート設定が行えます。

テンプレートそのままの状態でいい場合は、保存を押して下さい。

original-post-ranking-widget 管理画面

 

次にウィジェットの画面で、新しくウィジェット「オリジナル記事ランキング」が出来ていますので、そのウィジェットを使いたいサイドバーに入れてください。

original-post-ranking-widget ウィジェット画面

 

すると、ランキングに関する設定ができますので、設定を行ってください。

original-post-ranking-widget 設定例

 

 

以上になります。

ダウンロードする方は、wordpress.orgよりダウンロードしてください。

>> ダウンロード

wordpressプラグイン WIDGETS-VIEW-CUSTOM

wordpress は管理画面のテーマ「ウィジェット(widget)」から、様々な機能を実装できますが、

プラグインを導入すればするほど、ほとんど使わないウィジェットばかりが増えていきます。。

そんな時に、使いたいウィジェットだけ表示されていれば、使いやすいなと思い、

そんなプラグインを作成しました。

 

とりあえずこんな感じです。

idgets-view-custom プラグイン使用後

HP制作会社でクライアント様にCMSとしてwordpressを使用される事も多いかと思います。

そんな時に思うことが「余計なプラグインの機能等を使って、これはなんですか?」等と質問される時ってあると思います。(笑

説明をするのも大変。。でもウィジェット自体を使わない設定にすると、サイドバー等に

色々と設置したい時に必ず連絡が来てしまう。。

じゃあ、超シンプルなウィジェットだけ表示させておこう。

なんて事にも使えるプラグインだと思っています。

 

 使い方

まずはプラグインをダウンロードしてください。

>> ダウンロード

次に、プラグインを wp-content/plugins/ 内に解凍してアップロードしてください。

プラグインのパネルで有効化してください。

 

すると、「設定」 メニューより 「Widgets view custom」のメニューが選択できますので、選択してください。
ウィジェット表示カスタムの設定画面になります。

デフォルトの設定では、全てのウィジェットが表示される設定となっていますので、

 

 

 

そこから、ドラッグしてお好みの設定にしてください。

widgets-view-custom 使用イメージ

以上になります。