wordpress プラグイン WP Admin UI Customize 1.1.2

管理画面全般のカスタマイズをする、

WP Admin UI Customize

のバージョンアップをおこないました。
最新バージョンは1.1.2。

 

※既に1.1もしくは1.1.1をお使いの方へ。
admin bar の更新不具合があり、正常に保存されないバグがありました。

お手数ですが、プラグインの更新をお願いします。

 

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/extend/plugins/wp-admin-ui-customize/

 

もしくは、

プラグイン検索方法

管理画面のプラグインから、「WP Admin UI Customize」と検索して、インストールしてください。

 

クライアントに納品するWordPressの管理画面カスタマイズ vol.4

vol.1~vol.3 までで、管理画面のカスタマイズはほとんど終えたと思います。
前回はクライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.3

 

  1. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.1
  2. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.2
  3. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.3
  4. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4
  5. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4.5
  6. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.5
  7. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.6

 

次は、デフォルトのログイン画面をカスタマイズします。

 

ログイン画面

ログイン画面
ログイン画面

これがデフォルトのログイン画面。WordPressのロゴがあり、クリックするとWordPress.orgのサイトへ飛びます。

別にこの状態を変更する必要は無いですが、特にWordPress.orgにリンクさせる必要もないと思います。
逆に、WordPress.orgにジャンプすると「これ何ですか?」となって、説明するのがちょっと大変。。。

なので、この状態をカスタマイズします。

 

ログインフォーム

ログインフォーム設定
ログインフォーム設定

この項目はログインフォームのロゴのカスタマイズができます。
ログをクリックするとクライアントサイトのトップにジャンプするように。
ロゴのタイトルはクライアントサイトの名前になるようにカスタマイズできます。

例ですが、ロゴ画像をクライアントのロゴ画像に変更する場合。

ログインフォーム設定例1
ログインフォーム設定例1

こんな感じです。これで、ログイン画面を確認してみます。

ログイン画面2
ログイン画面2

おっと、ロゴ画像を用意するのを忘れていました。

とりあえず、適当にロゴ画像を用意して、指定したディレクトリに入れると、

ログイン画面3
ログイン画面3

ものすごく、ロゴの画像がつぶされてしまいました。 😳
元のロゴ画像のサイズを調べてみると、幅(width)274px、高さ(height)63pxのようなので、そのサイズにロゴ画像を調整して、もう一度確認すると…

ログイン画面4
ログイン画面4

これでよさそうです。

あとはお好みで、独自のCSSを読み込んだり、フッターにテキストを追加してください。

もっとログイン画面をカスタマイズしたいという方は、クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4.5をご覧ください。

次は、クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.5 で、クライアントの管理画面のダッシュボードに、現在の契約内容やお知らせを表示する方法です。

クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.3

前回はサイドメニューまで終えました。
前回はクライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.2

 

  1. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.1
  2. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.2
  3. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.3
  4. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4
  5. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4.5
  6. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.5
  7. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.6

 

次はメタボックスの設定に移ります。
メタボックスとは…投稿や固定ページ作成にある、アイキャッチやフォーマットの類のことです。
リビジョンやスラッグとか、クライアントによっては必要ないときもありますよね(ない?)。

メタボックスの例
メタボックスの例

 

 

メタボックス削除

ここまでくると、あまり設定についての説明が不要な気がしてきました。(疲れただけ…?
そんなことはさておいて。。。とりあえず設定します。

投稿・固定ページともに不必要なメタボックスとして、

  • アイキャッチ
  • 抜粋
  • トラックバック送信
  • カスタムフィールド
  • ディスカッション
  • コメント
  • スラッグ作成者
  • リビジョン
  • フォーマット
  • タグ

を削除します。(ほとんど。 😯

メタボックス削除設定例
メタボックス削除設定例

どうですか?このようにシンプルになりましたか?

メタボックス削除設定例2
メタボックス削除設定例2

これで投稿画面はカスタマイズができ、クライアント向けになりました。
だけど、投稿一覧固定ページ一覧の表示もカスタマイズしたくなりますよね。

投稿一覧画面
投稿一覧画面

これもカスタマイズするので、別のプラグインを用意します。

 

Post Lists View Custom

プラグイン「Post Lists View Custom」をインストールしてください。
Post Lists View Custom

post list view custom 検索

インストールし、有効化するとサイドメニューの「設定」の下に、「Post Lists View Custom」メニューが追加されているので、そこから投稿一覧表示設定をクリックしてください。

post lists view custom 設定画面

 

カスタムフィールドを使っている場合、カスタムフィールドも投稿一覧内に表示させることができます。

上の「表示する」の項目が、投稿一覧に表示される項目となります。
今回は、タイトル、カテゴリー、日時 の3つだけにします。

post lists view custom 設定例1
post lists view custom 設定例1

これで、投稿一覧のカスタマイズができました。この調子で固定ページ一覧もカスタマイズしてください。

post lists view custom 適用例
post lists view custom 適用例

 

これで、管理画面のほとんどをカスタマイズできました。
次は、クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4での、
ログイン画面のカスタマイズに進んでください。

クライアントに納品するWordPressの管理画面カスタマイズ vol.2

前回はクライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.1 にて、管理画面の全般に関するカスタマイズをおこないました。

  1. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.1 
  2. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.2
  3. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.3
  4. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4
  5. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4.5
  6. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.5
  7. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.6

 

次は「ダッシュボード」のカスタマイズに移ります。

 

ダッシュボード

クライアントには、WordPress ブログやWordPressフォーラムなんて必要ないと思います。

ダッシュボード設定画面
ダッシュボード設定画面

なので、表示したくないものに関してチェックを入れれば、表示されなくなります。

ダッシュボード設定例
ダッシュボード設定例

 

 

次はAdmin bar (管理バー)

管理バー設定
管理バー設定

左上にwordpressのロゴがあったり、コメントを使ってないのにコメントの新着が見れたりと、デフォルトの管理バーでは不便があるので、カスタマイズします。

「左」と「右」の項目2つがありますが、これは左上の管理バーメニューと右上の管理バーメニューのことです。

まずは、左上メニューのwordpressロゴ部分を削除してみます。
「左」項目のロゴ画像があるところ(wp-logo)の右の下向き三角をクリックします。
すると、そのメニュー内にある、サブメニュー一覧が表示されます。

ロゴ設定
ロゴ設定

で、ロゴは要らないので、削除をクリック。

ロゴ削除
ロゴ削除

この調子でコメントも必要ないなら削除。

次は右の項目。こんちはっす、○○○さん!とかも必要ないし、ログアウトだけで充分じゃないかと思います。
なので、こんにちは~の部分から一式削除。

これで、だいぶすっきりしてきました。

管理バー設定例1
管理バー設定例1

次に、右項目にログアウトを挿入してみます。
下の追加できるメニュー一覧から、ログアウトをドラッグ&ドロップで右項目へひっぱってください。

管理バー設定例2
管理バー設定例2

これで、右項目にログアウトが挿入されるはずです。

管理バー設定例3
管理バー設定例3

あ、「保存」をするのを忘れずに。
それと、外部リンク等を個別につけたいときは、「custom_node」をひっぱって挿入してください。

管理バー設定例4
管理バー設定例4

どうですか?ごっごる(外部リンク)は表示されましたか?

管理バー設定例5
管理バー設定例5

次は、サイドメニューをカスタマイズします。

 

サイドメニュー

サイドメニュー設定
サイドメニュー設定

まずは、クライアント向けに必要の無い項目を削除していきます。

  • ダッシュボード > 更新
  • ダッシュボード > ホーム
  • 投稿 > タグ
  • リンク
  • コメント
  • 外観
  • プラグイン
  • ユーザー
  • ツール
  • 設定 > ディスカッションやらプライバシーやら

は必要ないとして、削除します。
(削除の仕方はさきほどのAdmin bar の時と一緒です。右の矢印をクリックして削除。追加するなら、右のメニュー一覧から引っ張ってメニューを追加)

あ、お好みで右のメニュー一覧より、区切り線(Separator)などをひっぱって挿入して、見やすくしてください。

サイドメニュー設定例1
サイドメニュー設定例1

さっぱりしました。あ、保存は忘れずに。

ただ、ここで注意して欲しい事があります。
それは、今の状態ではこのメニューの通りの表示にならないという事

なぜ?って思いますよね。

画面を見てもらったほうが一番分かりやすいと思いますので、前回作成したクライアント用アカウントでログインした画面を貼り付けます。

サイドメニュー表示例
サイドメニュー表示例

一瞬、出来てるじゃないか。って思いますが、よーく設定したメニューと見比べてください。
「設定」のメニューが無いのが分かりますか?

WordPressは各ユーザーに権限グループ(編集者とか管理者とか購読者とか)を振り分けることが出来ます。
この権限グループには予め、「設定や追加、編集できる項目」が決められています。(自分自身や他プラグインを利用して変更する事は可能です)

編集者にはもともと、「設定」を変更する権限を持っていません。

なので、作成したユーザー(編集者) では、 「設定」 は変更できない。
編集者には「設定」のサイドニューは表示されない

これを変更できるようにする為には、ユーザーの権限を変更するプラグイン等を用いて変更してください。ここでは例として、「User Role Editor」というプラグインを利用した場合の変更方法をご紹介します。

User Role Editor
※管理画面のプラグインからインストールしたほうが楽です。

userroleeditorメニュー
userroleeditorメニュー

インストールすると、
ユーザー > User Role Editor
のメニューが追加されているので、クリックしてください。

 

 

 

User Role Editor の設定画面になります。
まずはユーザー権限を選択します。
ここでは編集者を選択してください。

User Role Editor 設定画面
User Role Editor 設定画面

選択した途端、一瞬で画面が変わるので分かりづらいですが、チェックされている項目とチェックされていない項目がいくつかあります。今回は「設定」を表示したいので、「manage_options」という項目を探し、チェックをいれます。

manage_optionsチェック
manage_optionsチェック

これで、保存をして、編集者でログインすると…

サイドメニュー設定例3
サイドメニュー設定例3

サイドメニューに「設定」が表示されるようになりました。
追加メニューが表示されない等の場合は、このようにユーザーの権限を変更してみてください。

 

次は、「メタボックス削除」以降の設定例になります。

クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.3

 

クライアントに納品するWordPressの管理画面カスタマイズ vol.1

こんにちは。gqevu6bsiz です。 このページでは、クライアントにwordpressをCMSとして納品する際に、管理画面をカスタマイズして納品したい人で、あまりfunctions.phpに色々と書きたくない人や、何かを非表示にする際にしょっちゅうgoogleで検索してコピペするのが面倒な人向けに、gqevu6bsiz が作成したプラグインを利用して、おすすめのカスタマイズ法を紹介します。 Webの知識があまり無いクライアント様向けに、余計なものを触れないようにカスタマイズしたいWeb制作者を想定しています。

  1. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.1 
  2. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.2
  3. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.3
  4. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4
  5. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.4.5
  6. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.5
  7. クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.6

 

 

カスタマイズ完成図

カスタマイズ完成イメージ
wordpressの管理画面カスタマイズイメージ図

だいぶシンプルにカスタマイズします。 基本的にクライアントには既存ページの更新(固定ページ)と、イベントや新商品の発表や新着情報を行う(投稿)ぐらいを想定しています。

まずは、wordpressをいつも通りにインストールしましょう。

とりあえず、wordpressをインストールします。 インストールが完了すると、すぐにログイン画面が出てくるのでログインします。

ログイン画面
ログイン画面

 

ログイン後、まずはクライアント向けの「ユーザー」を作成。

インストール後のwordpressは、ユーザーがadminしかありません。 クライアントにログインしてもらうアカウントは、この管理者用のアカウント「admin」とは別のアカウントを用意します。 ※この説明では、クライアント用アカウントの権限を「編集者」にします。

ユーザー作成後
ユーザー作成後

クライアント用ユーザー「編集者」を作成しました。 クライアント用ユーザーの管理画面のみカスタマイズをしていきます。

 

ここで、まずはプラグインをダウンロードしてください。

私のプラグインを利用した場合のカスタマイズ方法です。 管理画面のカスタマイズ用のプラグイン「WP Admin UI Customize」をインストールしてください。

プラグイン検索画面
プラグイン検索画面

インストールを終え、有効化すると、サイドメニューの「設定」の下に、「WP Admin UI Customize」のメニューが表示されますので、クリックしてください。

管理メニュー
管理メニュー

 

カスタマイズを適用する権限を選択

さきほどクライアント用のアカウントを「編集者」として作成しましたので、カスタマイズを適用する権限のグループから、「編集者」にチェックを入れて保存をクリックしてください。

権限グループの選択
カスタマイズを適用する権限グループを選択

※プラグインに満足いただけた場合、宜しければ寄付のご検討をお願いします。

「サイトの設定」はいまはおいといて、「管理画面設定」を選択

管理画面設定メニュー
管理画面設定メニュー

管理画面に関する、アップデートの通知やフッターに関する設定画面です。

管理画面設定
管理画面設定

 

通知

通知 WordPress コアアップデート通知

wordpress本体のアップデート通知を表示するかどうか。下の黄色帯のようなヤツ(複数そのような通知する箇所があります)。

コアアップデート通知
コアアップデート通知

 

プラグインアップデート通知

インストールしているプラグインで、有効にしているかどうかは関係なく、プラグインのアップデートがあれば、通知する機能

テーマアップデート通知

インストールしているテーマで、有効にしているかどうかは関係なく、テーマのアップデートがあれば、通知する機能   基本的にクライアントにこの全ての通知を表示する必要はないと思うので、全てにチェックをいれます。

 

表示オプションとヘルプタブ

表示オプションとヘルプタブ  表示オプション

投稿や固定ページなど、色んなページの右上にいるアイツです。これを表示したくない場合はチェック。 表示オプションとヘルプタブ位置

ヘルプ

表示オプションの隣にいるアイツです。こちらもいらないならチェック。

 

フッター

フッター部分のテキストを変更できます。HTMLタグも使用可能です。

フッター
フッター

ここではクライアント用に、お問い合わせ先を記載してみます。

フッター適用例
フッター適用例

 

一般

一般-css読み込み
一般-css読み込み

ここは管理画面に独自のCSSを読み込みたい場合にのみ使用します。試しに読み込んで使用してみます。 cssの内容は以下の内容です。(サンプルとして、サイドメニューの色を、オレンジにします。)

#adminmenuwrap { background-color: orange; }
css設置例
css設置例

このcssをコピペで作成して、ファイル名を「admin.css」とします。
このadmin.cssを、「themes」のディレクトリにアップロードします。

 

 

次に、このCSSまでのパスを記述します。WP Admin UI Customize はいくつかの変数(ショートコードみたいな)を使用できるようにしています。 アップロード先は wp-content / themes 内なので、[blog_url] 変数を利用して、

[blog_url]/wp-content/themes/admin.css

と記入します。

css読み込み例
css読み込み例

これで編集者の管理画面のみ、CSSが読み込まれます。先ほど書いたCSSが無事読み込まれると、

サイドメニューcss適用例
サイドメニューcss適用例

はい、なんとも見づらいメニュー色の設定ができました。(笑 あとは、お好みでCSSを適用させてください。   次は、「ダッシュボード」以降の設定例になります。

クライアントに納品するwordpressの管理画面カスタマイズ vol.2

 

wordpress プラグイン WP Admin UI Customize 1.1

管理画面全般のカスタマイズをする、

WP Admin UI Customize

のバージョンアップをおこないました。
最新バージョンは1.1。

 

wordpressの管理画面上部にある、Admin bar(黒い管理バー)のカスタマイズができるようにしました。

以前の1.0.1のバージョンでは、ロゴを表示するかしないか、
アップデートの通知の表示をするかしないか、
やらないか(ウホッ)

ぐらいでしたが、管理バーに自作のリンクをつけることもできるようになっています。
(外部リンクも設置可能です)

 

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/extend/plugins/wp-admin-ui-customize/

 

もしくは、

プラグイン検索方法
プラグイン検索方法

管理画面のプラグインから、「WP Admin UI Customize」と検索して、インストールしてください。

 

wordpress プラグイン WP Admin UI Customize 1.0.1

管理画面全般のカスタマイズをする、

WP Admin UI Customize

のバージョンアップをおこないました。
最新バージョンは1.0.1。

 

やったこと

デフォルトでのサイドメニューの設定で、区切り線が取得出来なかったバグがありました。
最新版では取得でき、スムーズに設定できます。

 

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/extend/plugins/wp-admin-ui-customize/

 

もしくは、管理画面のプラグインから、「WP Admin UI Customize」と検索して、インストールしてください。

 

wordpress プラグイン Post Lists View Custom 1.2.1

※先ほどアップデートした、1.2をお使いの方へ。
すいません、画像を表示させる項目を忘れていました。

投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプの一覧表示をカスタマイズする、

Post Lists View Custom

のバージョンアップをおこないました。
最新バージョンは1.2.1。

 

やったこと

画像を表示させる項目が無かったので、追加しました。
これで、大丈夫かな。

 

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/extend/plugins/post-lists-view-custom/

 

もしくは、管理画面のプラグインから、「Post Lists View Custom」と検索して、インストールしてください。

 

wordpress プラグイン Post Lists View Custom 1.2

投稿や固定ページ、カスタム投稿タイプの一覧表示をカスタマイズする、

Post Lists View Custom

のバージョンアップをおこないました。
最新バージョンは1.2。

 

やったこと

いつも記事のIDを確認する際に、タイトルの部分にマウスを乗せて確認していたのですが、
これが結構面倒だったので、記事のIDも一覧表示にできるよう変更し、
メディア一覧もカスタマイズ可能になるよう変更しました。

 

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/extend/plugins/post-lists-view-custom/

 

もしくは、管理画面のプラグインから、「Post Lists View Custom」と検索して、インストールしてください。

 

wordpress プラグイン Announce from the Dashboard バージョンアップ

複数人でwordpressを使っている際に、ダッシュボードにメモを表示できる便利プラグイン、

Announce from the Dashboard

のバージョンアップをおこないました。
最新バージョンは1.1。

 

やったこと

ダッシュボードのメタボックス(現在の状況とか最近のコメントとかの、あのボックス)にも、

メモを表示できるようにしました。

 

ダウンロードはこちら
http://wordpress.org/extend/plugins/announce-from-the-dashboard/

 

もしくは、管理画面のプラグインから、「Announce from the Dashboard」と検索して、インストールしてください。